Nobuyuki Hirono

誰しもが願う「あるがままの姿」で生きること。
実社会では勇気のいることです。
僕の歌が、少しでも素のあなたで
リズムに乗れたり、歌詞を受け取ったりできますように。
音楽に触れている間はそのままのあなたであれますように。
今日も聴いてくれてありがとう。